わんこと一緒にキャンピングカー旅 時々DIY

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみました デッドニング

年明け早々に納車されたハスラー君ですが、どうもオーディオの音が許せません。
それも当然のことで、ご他聞に漏れず1個数百円程度のペラペラのスピーカーが・・

で、先日カロのスピーカー(TS-C1620A)に交換してみたものの、単にトレードしただけでは劇的な音質改善にはいたりませんでした。
で、オーディオマニアが必ずと言っていいほどやってるドアのデッドニングをやってみましたよ~


まずはドアの内貼りを取っ払うと・・・  ご覧の通り、エンクロージャーに該当するドアはサービスホールと軽量化で大きな穴だらけです。
これではそこそこの音を期待するのも無理のないことですね~
IMG_1015.jpg


で、その穴を埋めるためのシーリング材を切り出し・・・
IMG_1016.jpg


貼り付けます↓
IMG_1020.jpg

この素材、結構な重さがあり、効果に期待が持てます。


そして、ついでにスピーカーの背面になる部分には音をドア内部全体に拡散させるため板チョコ状のボコボコを貼り付けます。
IMG_1017.jpg


それとドア内部四隅にも貼り付け、音がこもりがちなところへの対策です。
IMG_1018.jpg


最後は内貼りを元通りに戻し、お気に入りの音楽を聴いてみました。


すると・・・・


・・・・・ なんと言うことでしょう・・・・・

それまでスカスカだった音が歯切れのいい音に変貌、それと低音域の再生能力も上がり、充分満足できるレベルになりました。
これでスピーカーも本領発揮というところでしょうか。

歳をとると段々音楽を聴くことが少なくなったというオジサンが多いようですが、たまには好きなアーティストの音楽を聴くのもいいもんですよ~

ちなみにかかった費用はというと3500円でした。
というのもよく行くカーオーディオ専門ショップが安く分けてくれたためで、寺ちゃんありがとね~^^
スポンサーサイト

ハスラーの燃費

ハスラー君、今日で600キロほど走りましたが、燃費について・・

ご覧の通り、これまでの平均燃費は21k/Lです。
DSC_0136.jpg

ターボ付きのクルマなので、かなり健闘してるってところでしょうかね~

最近のクルマに結構装備されつつあるアイドリングストップ機能も功を奏しているんだと思います。
DSC_0138.jpg

このアイドリングストップ、赤信号などで停止する少し手前からエンジンがとまり、とまっているいる時間はメーター表示にもあるように砂時計でカウントされます。
そして平均燃費表示、この二つの表示を見てると自然にエコ運転を心がけるようになり不思議です。

ただ、心がけすぎて青信号になっても超スローモーに加速するのだけは避けてます。
そんな運転する車で特に多いのがプリウス。
後ろから蹴りたくなるくらいそろ~りそろ~りと走り出すヤツが多い気がします。
急加速せよとは言わないけど、せめて40キロくらいになるまでは普通に加速してほしいもんです。

それにしても高知のガソリンは高い!  今日現在何とL/149円が相場です。

オジサン仕様に変身

先日納車されたハスラー君、契約前から計画してたインパネ意匠変更を敢行しました。
元々は若い子向きに真っ白なパネルだったけど、さすがにオジサンには受け入れがたい雰囲気なのであります。

んで・・・  木目シートを3000円程度で購入し、シコシコと貼ってみました。
好き好きはあるでしょうが、自分としては中々にいい塩梅になったとニヤついてまする^^

IMG_1004.jpg

IMG_0998.jpg

IMG_0999.jpg

ドアのアームレスト部分も真っ白だったのでこんな感じに・・
IMG_1002.jpg

木目については横杢にするか縦にするかちょいと悩みましたが、新鮮味のある縦に。
これで完璧オジサン仕様のハスラー君の出来上がりです^^

ちなみにこのシート、ドライヤーを使うことによりかなりきつい曲面もハリハリできます。
気になる方は↓をどうぞ・・

http://www.mmm.co.jp/cmd/dinoc/

んちゃぁ~ なクルマが来た

IMG_0982_R.jpg

年明け早々の今日、ハスラーが納車されましたよ~
色は親父専用カラーの薄めのガンメタ。 ピンクやオレンジもかわいいけどさすがにね~

で、お店(スズキ ピョン吉店)に依頼してたオーディオと前の車で使ってたナビの移設もバッチリでした。
ホイールは4本で2万円の超破格値のものやけど、よくマッチしてると思いません?
IMG_0990_R.jpg

2015年からはこいつで仕事になります。

7億が当たってたらもっとすごい車で・・・
いやいや、仕事辞めて世界中を旅するはずやったのにな~(^^ゞ

RJCカーオブザイヤー


先日契約したばかりのハスラーがRJCカーオブザイヤーを受賞しました

cotym01.jpg

オラの見立てに間違いなかったのか、それとも選考員の見立てが適当だったのかは別にして、嬉しいもんですね~

ノミネートされた7車種の中にはオラも最後まで悩んでたマツダのデミオもあり、オラの予想では断トツでデミオが受賞すると思ってましたが・・

へんちくりんなクルマ

2114f501cae7e00d38e068ff0383c825.jpg

最近ちょくちょく見かけるへんちくりんなこのクルマ、名前はハスラー。
往年のバイクにもあったものと同じ名前です。

これってどう思います? 

ついこの前までは仕事用のクルマの燃料代を考え、デミオディーゼルにしようかとチラッと考えてたりしてましたが、ふたを開けてみるとハスラーの契約書にハンコを押してしまいました(^^ゞ
選んだグレードはGのターボ仕様で、HID付のものです。
ノンターボを最初に試乗させてもらったんですが、なかなか元気よく走るし静かです。
最初はノンターボでいいやと、契約しましたが、翌日ターボにも試乗してみると、目が点!!
パワーに余裕があるせいか、同じ速度だとさらに静かです。
それに坂道でもブンブン登っていきます。
しばらく悩みましたが、ターボの有り無しの価格差は8万円あまり・・
後悔するのはイヤなので、結局ターボ仕様にしました。

決めてはというと・・・

※ おそらく軽No1の静かさ
※ メチャ素直なハンドリングとローリングの少なさ
※ ターボでも実質L/20キロくらいいけそうな燃費性能とゆとりのパワー
※ 助手席と後部シートを倒すとオラでも完全に寝られるというレイアウト
※ SX4の下取り額の高さ デミオのお店より20万程度も高く取ってくれました
※ いつもお世話になってる信頼のあるお店だから(若社長は変態ですが(^^ゞ)

まっ、こんな具合ですかね~
あまりの人気で納車まで1ヶ月はかかるそうですが、最近になくウキウキしてます^^

ただメーカーに対する不満がないではないです。
ブレーキレーダーサポートとか、必要ないものがついてきたり、逆にチルトステアリングが欲しい場合はHIDランプなんかのセットでなければチョイスできないとか・・
まあ、それも含めてよくできたクルマではあります。

で、選んだ色はというと、中年ハゲ親父専用カラーのスチールシルバーメタにしました(^^ゞ
ちょいガンメタ気味のシルバーで、これならまあ何とか変な目で見られることもないでしょうよ(T T)
お店のかわい子ちゃんことめぐみちゃんとみわちゃんは冗談交じりでピンクが似合うなんて言ってたけど、20万円安くても恥ずかしくて乗れません^^

納車されたら、ナビの移設とかまたまた色々と楽しめそうですが、ナイスな移設方法を考えました。
それはまた後日ということで・・・


すごいぞデミオディーゼル!

index_section2_img.jpg

いきなりだけど、オラが今一番興味のあるエンジンがこれ↑

マツダのディーゼルエンジンだ。
12月から販売開始予定の新型デミオに搭載されるものだが、これはいい。


ところで・・ 世間ではエコカーと言えばすぐにハイブリッドエンジンを想像するんだろうけど、エコカーと言っても色々な構造のものがある。

一番身近なものとしてはプリウスに代表されるハイブリッドエンジン。
このタイプはエンジンとは別に電池とモーターとの抱き合わせで、簡単に言えば電動自転車のようなもの。
クルマの動きだし時はエネルギー消費効率が悪いため、その部分についてモーターでアシスト。
ただし、電池は耐用年数があるし、安くなってきたとはいえ価格もそれなりに高い。

次はプラグインハイブリッドと呼ばれるもの。
こいつは従来のハイブリッドの電池容量を大きなものにしたと考えればいいが、価格はさらに高くなる傾向。
現在のところ、プリウス、と三菱のアウトランダーが有名。

そしてさらにさらにお高いが、エンジンを搭載せず、完全に電池で動く電気自動車。
こいつはさらに大きな電池を積む必要があるため、価格は高いし、航続距離についてもせいぜい200キロ台である。
日産のリーフが先陣を切って出したものの400万以上もする。
ただし、燃料の代わりにすべて電気なので、燃費だけ考えるとすこぶる優等生ではある。

最後に燃料電池車。
ホンダが世界で初めて実現したものだが、こいつは水素と酸素(大気)との化学反応により自身で電気を作りながら走るというタイプだが、超お高いのだ。
ただし、航続距離も充分だし、排出ガスは「0」、でるのは水だけ。
アメリカのステラが有名ですね~。

現在考えられる究極のエコカーとしてはこの燃料電池車がベストだろうけど、兎にも角にも価格が高くまだ庶民が手を出せるものではない。

で、昔からあったディーゼルエンジンの出番。
軽油を燃料に使い、真っ黒な排気ガスを出し、カラカラとやかましいヤツというイメージがありましたが、現在欧州では新時代のディーゼルエンジンがガソリン車と半々程度の割合で販売されてます。

特にマツダが開発したディーゼルエンジンは拍手喝采ものです。
ちなみに、今年のカーオブザイヤーにはマツダのデミオが選ばれましたよ~

ディーゼルエンジンについてちょいと解説すると・・・
ガソリンより燃えやすい軽油を燃料とし、圧縮比をガソリン車の1.5倍ほどまで高めてます。
で、ピストンが上死点に向かうとシリンダー内は圧縮されすごく高温になり、その高温になったシリンダー内に燃料を噴射することで火を付けるといためのプラグなくして爆発行程に入るというもの。
で、圧縮比が高い分だけ、大きなトルクが発生する代わりに、震動や騒音が付いて回り、または排気ガスについても黒いススを出すというものでした。


そこでマツダが考えた解決策は、従来のものより圧縮比を下げ、震動と騒音を下げつつも、着火しづらくなる部分については着火しやすいようよりきめ細かな霧状の燃料噴射をする点にあります。
他にも細かく言えば色々と革新的技術がありますが、割愛。

そして今回のデミオ、1.5Lのディーゼルにも関わらず105馬力と26.4キロという2.5Lのガソリン車並みのトルクを得ました。
燃費についてもATでL/26.4キロ、MTであれば30キロという素晴らしい数値です。
そしてここからがポイントで、電池やモーターは載せていないため、耐久性能についても◎。
価格も178万から買えます。

電気モーターによるエコカーは電池容量とか、コスト面など、まだまだ発展の余地があるので、手が届きやすくなるまでは新世代のディーゼルを選ぶというのも充分ありだと思いますね~
それから、ガソリンを生成する際に自然的にできた軽油については、従来外国に輸出するという変なカラクリになってたようですが、ディーゼルエンジンが増えれば、軽油価格ももっと安くなるかもしれません。

今オラが仕事用に使ってるスズキのSX4という聞きなれない1.5Lのガソリン車に乗ってますが、こいつの平均燃費は大体L/13キロ程度。 
そしてレギュラーガソリンの価格はL/170円程度。 年間走行距離は12000キロくらいです。
で、軽油価格はレギュラーガソリンに比較して大体25円安です。

それを元にシミュレーションしたところ、燃料代としては年間10万円近く安くなります。
5年で50万円、10年も乗れば100万円、これは大きい。
178万円のデミオディーゼルが10年乗るということを考えれば78万円ということになりますね~
買い替えようかな~ (^^ゞ

ちなみに、自動車雑誌の記事によれば、このデミオディーゼル、素晴らしく静粛性が高く、室内の雰囲気も今までのものよりはるかに高級感があり、2クラスくらい上のクルマに乗ってるような雰囲気らしいです。

みなさんはエコカーってどうお考えになりますか?

 | ホーム | 

プロフィール

2525

Author:2525
日本スピッツのラブ、コーギーのはなと一緒にキャンピングカー(ADRIA MATRIX)であちこちお出かけしてます。
40年以上続く写真とキャンカー旅だけはやめられないですね~

にほんブログ村

月別アーカイブ

12  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  12  11  10  09  08  07  06 

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。