わんこと一緒にキャンピングカー旅 時々DIY

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンパー必携

いきなりですが・・・

image01b1.jpg

これガラポンTVという文明の利器です。
CDケース5枚分ほどの黒い小箱って感じですね~

キャンピングカーで出かけた際、地デジもBSも見られないというときがありますよね~
で、先日のブログではブルーレイレコーダーの機能を使ってお出かけ先で受信できない場合、自宅とスマホ端末をネット回線でつなぎキャンピングカーのテレビに映し出すという方法をご紹介しました。

この方法だと、家庭で見てるテレビと同等の高品質画像のため、スマホのパケットを結構消費します。
私の場合ですと、パケット5ギガ契約で、15時間程度の視聴時間でしょうか。

そこで、先日予告してた「新兵器」のご紹介です。 

それこそが↑写真の「ガラポンTV」なんです。
ガラガラポンッ!  抽選会で使われてるあの八角形の箱を回すやつ、あれって何等賞が出るかすごく楽しみですが、そんなわくわく感を代用して命名したのかと想像してます。


では、ガラポンって何ぃ~?? という方のために簡単に説明しますと・・・

パケット量を少なくして旅先でテレビが見られるというもので、その手順は・・・

① ガラポン機器を購入します。

② ガラポン機器と家庭の壁にあるはずのテレビアンテナジャックをアンテナ線で接続

③ 家庭にあるルーターとガラポンとをLANケーブルで接続

④ ガラポンサイトに行き、セットアップの手続き

⑤ スマホにガラポンのアプリをインストール

⑥ スマホのアプリをタップするといつでもどこでも、スマホの電波さえあればテレビが見られます。


という感じですかね~

では、なぜパケットが少なくて済むかというと、それはワンセグだからです。
容量が少なくて済む代わりに、画質は当然落ちます。
ワンセグを23インチのテレビで見た場合、私の感覚で表現すると、充分使えるじゃんって感じですね~
ゴルフ番組のようなボールが小さいスポーツ番組では少し・・・ ですが、ニュースやドラマ、バラエティなどを見るには充分と感じました。
試しに、wifiではない環境でテストしてみましたが、1時間見ると大体250~300MB程度パケット消費です。
ということは、ブルーレイとの連動の約半分程度ということになります。

このガラポンTV、全8チャンネルを24時間、かつ500GBの内蔵HDに2週間録画しまくります。
なので、2週間の間に撮りためた番組をどれでも見られますが、現在放送中のものも20~30秒遅れで視聴できます。


ちなみに、私がセットアップしたスマホの画面を少し紹介しますと・・


u16named.jpg

↑放送局番組一覧をタップ




Screenshot_2015-07-09-08-04.jpg

↑NHK総合高知をタップ




Screenshot_20-04-49.jpg

するとこんな画面が出てきます。
一番上のものが現在放送中のもので、下に行くほど過去の番組となります。


で、現在放送中のものをタップして出てきた画面がこれです↓
Screenshot_2015-07-09-08-05.jpg

自動的に横画面に切り替わります。
ちなみに、放送については、地デジ放送のみで、BS/CSは見られません。


で・・・ 先日ご紹介したように、このテレビ画像をキャンピングカーに搭載のテレビにミラーリングすればOKです。

ところで、ガラポンについて、最大の懸案であるミラーリングができるかどうかが解らなかったので、ガラポン社さんに事前に問い合わせてみましたところ、特別に2カ月間レンタルしますので、確認してみてください とのことでした。
結果はまったく問題なくミラーリングできました。

それから、ガラポンサイトにもあるように、HD内蔵(500GB)と、非搭載のものがあり、もちろん非搭載の方が安いです。
外付けHDはすごく安くなってきたので、非搭載のものを買えばいいかな・・

あと、iphone、アンドロイドともに動作しますが、アンドロイドの場合、機種によって画面が少~しだけコマ送りな感じになる場合もありますが、現在調査確認中です。

というわけで、どこでもテレビ第2弾のご紹介でした。

気になる方はこちらを↓
ガラポン株式会社のサイト



スポンサーサイト

どこでもテレビ すご~@@

いや~、世の中どんどん変わってるんですね~

何がって・・・

我が家ではテレビの見たい番組録画は外付けHDに録画し、見終わったら削除というパターンでした。
どうしても記録として残しておきたいほどの番組もそうそうあるわけではないので、今まで特に困ったこともありませんでした。

ところが、先日初めてブルーレイディスクレコーダーを買いました。
BDZ-EW1200.jpg

これです。↑  SONYのBDZ-EW520という機種で、500GB記録できて2番組同時録画ができるというものです。
ただ・・・  録画してブルーレイディスク(BD)に残すというのが目的ではありません。
ではなんでこれを買ったかといえば、まさに浦島太郎で、この頃のBDって録画した番組や、今まさに放送中のものをネット回線を通じて、外にいてもスマホで視聴することができるんですってね~ いや~、全然知りませんでしたわ~(^^ゞ

私の場合、いくつか種類のある中で、撮りためることより、キャンピングカーに転送してライブ放送を見ることに主眼を置いてるため、ネット接続できさえすればいいので一番安いこの機種にしました。 
BDが出始めた頃は安くても10数万円してたものが3万円台で買えました。

で本題ですが、、キャンピングカーでのお出かけしたときのことなんですが、クルマの屋根には地デジアンテナと、BS/CS用の自動追尾アンテナが乗ってますが、場所により、電波が弱く何にも見られないときがあります。
そんなとき、携帯の電波さえある場所ならBDとスマホをネットでつなぐことによって自宅で放送中の番組や録画したものを視聴することができるんです。

まっ、そんなこたぁ100年も前から知っとるわい・・ という方もいるんでしょうが、知らない方のために・・

ではどうすればすべてのテレビ放送を見ることができない環境下で見られるようにするか・・ その手順を。

① お持ちのスマホまたは、タブレットに「スクリーンミラーリング」機能が備わってるいるかどうか確認する。 ない場合は買い替えの必要があります。

②  「外でも見られる」とか、表記の仕方はメーカーによって色々ですが、要するにネット回線を通じスマホに転送できるタイプのBDを買う。(お持ちのBDにそんな機能があるのに知らない方もいるかもしれませんので、取説をもう一度見てね~)


③ キャンピングカーのテレビに最低でも1個のHDMI端子が備わっていること。 もしない場合は、買い替えが必要です。
かなり古いテレビでなければ大抵装備されてます。
それと、テレビ背面にUSB端子が付いているのが理想ですが、なくても大丈夫です。
ただ、HDMI端子がついてるテレビなのにUSB端子がないということはまずありません。念のために確認してください。

ちなみに、うちのテレビは、消費電力がメッチャ少ないという点でカンデラ社の22インチのものを使用してましたが、番組表の文字が小さくて見にくいということと、HDMI端子が1つしかないため、レグザの23インチに買い替えました。↓
top_eyecatch_s8.jpg

以前のものより1インチ大きくなりましたが、外枠がスリムになったため、テレビ全体の大きさは従来のものとほぼ同じ大きさです。
こんな感じです↓
IMG_1398.jpg

テレビもSONYのものにしたかったんですが、SONY製の場合、吊り下げアームへの固定用ビス穴の関係で無理でした。

旅先で見るときはアームを下げてこんな風にして見てます↓
IMG_1417.jpg


それと、キャンピングカーにBDプレーヤーとかDVDプレーヤーを搭載している場合で、HDMI端子が1個しかない場合は、電気屋さんでHDMI端子を二股にできる「切替機」も必要ですが、2千円程度で売ってます。


④ BDとスマホをリンクさせる(方法はBDの取説を見る)
IMG_1403.jpg


⑤ スマホに「テレビサイドビュー」というアプリをダウンロードする(無料) ちなみに、スマホがSONYのエクスペリアの場合、最初からこのアプリがインストールされてます。
↓写真の真ん中、右から2番目にある「TV」と書かれた赤いアイコンがそれです。
IMG_1401.jpg


⑥ ⑤でインストールしたアプリをタップする。


⑦ するとスマホ画面に番組表がでてくるので、好きな番組をタップする
IMG_1402.jpg
ちなみに、自宅で受信可能なものはすべてスマホ側でも見られるので、BSでもCSでもOKです。

この時点で、外に居ながらスマホでテレビを視聴できます。 たとえばBDを設置している自宅が高知県であれば、世界中どこにいても高知で放送中の番組とBDに録画しているものは見られます。

ちょっと話はそれますが、高知の場合、地デジは全部で5局しか放送されてません。
ということは、東京とか福岡に親戚など頼みやすい方がいれば、その家にBDを設置させてもらえれば、高知にいようが、青森にいようが、いつでも8局の放送が見られるって寸法ですね~ (^^ゞ

話を戻し、 スマホやタブレットで視聴しても画面がちっこいので辛いですよね~

で、次に用意するものが、ミラキャストとか呼ばれてる機械です。
これは、スマホに映し出されてテレビ画面をキャンピングカーに設置している家庭用テレビにそのまま映し出すというもので、私はエレコムから発売されてる「Miracastレシーバー LDT-MRC02」を購入しました。 アマゾンでは6千円弱です。それがこれです↓  購入に際しては、お持ちのスマホが対応しているかどうか確認してください。
image_01_top.jpg

この機械、とても小さいもので、うちのキャンピングカーではテレビの吊り下げアームに取り付けてます↓
購入に際しては、お持ちのスマホが対応しているかどうか確認してください。

IMG_1415.jpg

IMG_1416.jpg


このレシーバーとキャンピングカーにあるテレビとの接続方法も簡単、HDMIケーブルとレシーバーへの電源供給用にテレビ背面にあるUSB端子とレシーバーとをつなぐだけです。
IMG_1433.jpg


接続が完了後、テレビの電源を入れ、テレビリモコンにある入力切替ボタンで入力をHDMIにすると自動的にテレビ画面に下のような画面がでてきます。
IMG_1400.jpg



次に、スマホの「設定画面」に入り、「接続設定」をタップ。↓
IMG_1405.jpg

次に、「スクリーンミラーリング」をタップ↓
IMG_1406.jpg

すると、スマホに出てる画面がそのままテレビに映し出されます。↓

IMG_1409.jpg


ご覧の通り、スマホ画面がそのまんま拡大されてテレビに映し出されるというわけです。
ちなみに、アプリを並べた私のスマホ画面もこんな感じです↓
IMG_1410.jpg


そして、先ほどのテレビサイドビューアプリから好きな番組を選ぶと・・・ ↓
IMG_1420.jpg

こんな感じで、とてもキレイに視聴できます。

YouTubeもとてもキレイに見えましたよ↓
IMG_1425.jpg

IMG_1428.jpg


これで、携帯電波さえあれば、いつでもどこでもテレビ視聴が可能となるわけですが、ひとつだけ注意点があります。
ワンセグとは違い、フルセグメントの受信となるため、スマホのパケット容量が気になるわけです。
テストしてみましたが、wifiのない外で地デジ放送を10分間視聴したところ、大体ですが90MB(0.09GB)ほど使用してました。
ということは、1時間見たとすると、540MB、つまりざっと0.5GBということになります。

もし携帯ショップでの契約が最低ランクの2GBだとすると、余裕をみて2時間そこそこしか見れません。
私の場合、携帯キャリアはDOCOMOなんですが、6月までは最低の2GBで契約していました。
ネットラジオを30時間程度聞いて、それでも月末にはまだ少し残ってる状況でしたが、7月からは5GBに変更しました。

5GBだと、私の使い方だと7時間くらいは視聴できるはずですし、残ったパケットは翌月最大5GBの繰り越しができるので、多分8月以降は10時間は楽勝だと思います。

キャンピングカーで出かけ、何にもテレビが映らないということはたまにしかないので、10時間も見られれば3晩は大丈夫だと思います。

ちなみに、2GBと5GBとの基本料金差額は1500円。 
たまにテレビが映らないときのために毎月1500円払うことはどうかとも思いましたが、ライブ放送が見えないDOCOMOサービスの「dTV」を毎月540円払うよりはずっとマシだと思います。
何と言っても、ニュースや天気予報などがタイムリーに見られるわけですから。
パケットを家族で分けあえる、という契約で10GBとか契約している場合はもっと長く見られますね。

それから、最初BDと宅内無線ルーターとの接続は無線LAN接続してましたが、ここはぜひLANケーブルにて有線接続した方がいいようです。
どうしても動画となると、それなりに重たいデータ量となるため、無線LANだとたまに画像が途切れ途切れになります。

参考までに、スマホに最初からインストールされてるテレビはワンセグ・フルセグともに、ミラーリングできません。
メーカーに聞いてみると、何やら著作権の問題があるためらしいです。
でもね~、BD経由で見られるのにどうしてなんでしょう。  どうもテレビについては色々とややこしいようです。


ところで・・・・

今まで書いた方法とは全く違う方法で、全国どこにいても携帯電波さえあればテレビが見られ、かつパケットについても1/40程度で済むという方法が見つかりました。
そのためには、3万円ほどかけて、ある機械を購入する必要がありますが、メーカーにその辺りのことを丁重に質問してみたところ、特別に2カ月間モニターとして無料で貸出ししてくれることになりました。

もし2カ月間試してみて、いい結果が得られるようなら、そちらに乗り換えするかもです。
次回をお楽しみにぃ~~ ^^

スマホ化粧直し

昨日買い替えたスマホ、デフォルトのままだと妙にスッキリしないので、ホームアプリとアイコンメイクというアプリをダウンロードし、化粧直ししました~  要するに、今日は暇だったということですね~(^^ゞ

ホーム画面はこんな感じにスッキリと・・・ ↓
IMG_1355.jpg

モノトーン風なのでちょっとシンプルすぎるかもですね~ ただ本人は気に入ってます

それとアプリのアイコンもi phoneみたいに形が揃っていればいいのですが、アンドロイドはバラバラ。
私の性格からして、超ダサいアイコンだけでも代わりにのもので整えたいんです。
で、アイコンメイクというアプリでアイコンを自作します。
造り方はというと、パソコンで好きにアイコンデザインしたものを写真に撮り、それを使うというやり方にしました。

結果がこれ↓
IMG_1353.jpg

上から、デルタリンク(うちのキャンカーのお店)、キャンカーSHOP、レンタカー、LPガス、全国カメラ、四国カメラ、TV番組表、Dpa地デジ、動物病院 が自作アイコンです。
この自作のものは、サイトにアプリアイコンがないので、パソコンサイトのホームページをブックマークするんですが、そうするとブックマークのアイコンはデフォルトだと全部縦型の赤い旗のようなものになってしまうんですよ~
それを自作アイコンに変更したんですが、割合うまくできたと、こんなことでニンマリしてます(^^ゞ



こんなものも・・・↓
IMG_1354.jpg

温泉天国の左右2つと下の3つ。 これも作りました。

まっ、人によって、そんなのどうでもええじゃん・・  ようやるわ~・・  って感じでしょうが、自己満足の世界ってとこですかね~・ 

スマホ買い替え

今でこそ当たり前になってきたスマホだけど、出始めたばかりの頃から使ってます。
最初は左から2番目の韓国のギャラ・・・  で、今見るとちっこいですね~  って写真ブレブレだわ~(^^ゞ

IMG_1349.jpg

最初に買ったのが4年ほど前で、当時はタッチ画面に慣れてなくてイライラしたものです。
その後、右から2番目、画面の大きなSONYのXPERIA Zの第1号機を昨日まで使ってました。
これを使ってた最大の理由がスタンドに置くだけで充電できるというところ。
一々コードを刺して・・・というのがたまらなく面倒だったから。
ただ最近バッテリーの持ちがちょい衰えてきたり、落としまくってキズもつれになったりで右端のやつに変えました。

この機種もXPERIAでZ3です。 
え~なんで?  あと10日ほどでZ4が出るのにと思う方もいると思いますが、実はZ4からはスタンドに乗せて充電というスタイルができなくなってしまったんですよ
CPUがクアッドから8コアになりはしたものの、大したグレードアップもないようなので、あえてもうすぐ旧モデルになってしまうZ3にしました。

IMG_1352.jpg

右がZ3です。
大きさも縦が少し長い程度でほぼ同じ。電池も長持ちするようです。

それにしてもガラケーの小さいこと。 ただ電話機能だけなら今でもガラケーの方がいいなんて思いますね~
おっと、もう0時半になろうとしてます。 では寝るとするか~


ガスレベル・チェック

我が家のキャンカーには10キロのLPガスタンクが2本搭載されてますが、主にコンロと冷蔵庫用に使ってます。
室内ヒーターについては純正のトルマ社のガスヒーターが装備されてるけど、消費量がすごいので走行用の軽油燃料で駆動するべバスト社のFFヒーターも装備しました。

なので・・・  お湯を沸かす程度のコンロと、消費量の少ない冷蔵庫にしか消費しないため、20キロも積んであれば相当な期間もちます。
ただ、どの程度の残量があるのか・・ 今まではボンベを持ってみて大体の感覚で充填してたんですが、この作業が面倒なんですわ~

で、以前からガスタンクに貼り付けておくタイプのガス残量チェッカーはありましたが、巷の噂では使い物にならないらしく買うのを躊躇してました。
ところが最近発売された「ガスレベル・チェック」という代物はかなり正確に使えるらしいとのことでかってしまいましたよ~

それがこれ ↓

gaslevelstick-redgreen.jpg

ドイツ製のそれは見た目は短めのボールペン程度で、何やら超音波を使ってチェックするらしいです。
んで・・ 使ってみました。

結果は充分満足できるもので、タンク内の液面のちょっとでも上でテストしてみると赤ランプが点灯、逆に少し下でテストするとグリーンのランプが点灯します。
そして丁度境目辺りでテストしてみると赤とグリーンがチラチラと。 
8900円もするので随分悩みましたけど、それなりの価値はありそうです。

それにしても人間は面倒くさがり屋なんですね~(^^ゞ


お手軽掃除機


我が家の掃除機は新築時に設置したセントラルクリーナーという方式のもの。↓

IMG_1009.jpg

この方式、どういうものかというと、モーター本体は納戸に設置しそこから床下に配管し、各部屋の隅に掃除用ホースを差し込むソケットがあり、そこへホースを差し込むというやり方。
この方式のメリットは、モーターは納戸にあるのでメチャメチャ静かということと、排気も配管を通り建物の外に排出されるため、イヤな臭いもまったくしません。

逆に長いホースを引きずり廻しながらの掃除になるため、ちょいとホースが邪魔ということと、片付ける場合もそれなりの場所をとります。

で、今回スティック式の掃除機を物色してみました。
条件は充電式コードレスで、ある程度パワーがあることです。
充電式というと、バッテリーがすぐになくなるとか、吸込み力が弱いというイメージが先行してたけど、価格comで色々と徘徊してみたところ、こんなものを見つけ、ゲットしましたよ~
IMG_1006.jpg


この機種、見た目にはオシャレ感覚ゼロです。 とは言うものの、知る人が見ればナイスかも^^
それもそのはず、主に大工さん達が現場の掃除のために使ってるマキタのもの。
ただ、その性能たるや素晴らしいの一言です。

IMG_1014.jpg
上写真にもあるとおり、18Vのリチウムイオン超強力バッテリーで容量も3Ahあります。

そして驚きなのが、わずか22分の充電で満タンになり、駆動時間は強モードで20分、弱だと40分ももちます。
これを買った最大の理由は、ワンコの抜け毛用としてなんですが、フローリングの床の場合、弱モードでもまったく問題なく吸ってくれます。


他にも・・・
IMG_1012.jpg
小さいながらも紙パック式でお手入れ簡単、

IMG_1013.jpg
LED照明付きなので奥まったところもちゃんと見えます。

IMG_1010.jpg
直管パイプをはずせばハンディクリーナーにもなったり・・・


IMG_1011.jpg
別売の蛇腹ホースと棚用ノズルをつければ棚の上とか細かいところも気軽に掃除できます。


それから充電器は一般家庭用によくある充電台の乗せるだけ・・というものではなく、バッテリーをはずし充電器にセットするというものです。
IMG_1007.jpg
ちょいと面倒かな~とも思いましたけど、この充電器もさすが業務用ですばらしいです。
充電時に発生する熱を空冷ファンで冷やしながらです。 なのでわずか22分という短時間で充電できるんですね~


で、充電が完了したら5種類の音またはメロディーで知らせてくれます。
なんで5種類も・・・

多くの大工さんたちはこの掃除機を現場に持っていきますが、自分のバッテリーが充電できたときにほかの人のと聞き分けられるようにという配慮なんですね~
家庭で使う場合にはこの機能は必要ないですけど(^^ゞ

それともう一つ素晴らしいのは、いくら注ぎ足し充電が可能で繰り返し充電回数が長いとはいえ、やがてバッテリーにも寿命がきますが、そんな場合でもバッテリーのみ買えば済むという点。さすが日本が誇るマキタです。


で、実際使ってみました。

結論、大正解の買い物でした。
音も想像してたよりかなり静かだし、パワー・駆動時間も充分です。
それから、キャンピングカー用に購入するのもおすすめできます。

気になる方はこちらをどうぞ・・・ →  価格comサイト

ちなみに、ヤフオクだと諭吉2枚以内で買えます^^

新兵器

昨日の価格COMの新製品コーナーで見つけた代物、これは使えると思いすぐさまネット注文したところ、早速今日届いた。
静岡のネットショップに頼んだのが昨日の夕方、で、今日には届き物流のすごさに驚きです。

 
    で、届いたブツの写真がこれ↓
pckfmbt1_01.jpg


何かというと、スマホりから音楽とかアプリ駆動したネットラジオをBluetoothでこいつに飛ばし、そこからはFM電波でカーラジオに転送するというもの。
これで仕事用の車で山間部に出かけたときにもラジオがクリアーに聞こえるというわけ。

おまけに、電話のハンズフリー機能も備わっているという優れもの。
にも関わらず、3000円少々で買えます。

オラほどNHKラジオを聴く人もそんなにいないとは思うけど、そうでなくても四国は山また山という地理的環境にあるため、ちょっと足を延ばせば雑音だらけとなるため、価値は「大」です。

参考 http://www.princeton.co.jp/product/pckfmbt1.html


プリンタ検証

いや~すごいです、今どきのプリンタは・・
昨日買ってきたプリンタ、CANONのPRO-100なんですが、カラーマッチングがバッチリできました^^V

検証しやすいようにカラフルな鯉のぼりの写真をフォトショップで立ち上げ、それをPRO-100でプリントし、でき上がったプリントをパソコンモニターの画像の横に並べたものをカメラで撮影してみました。
プリントには5000ケルビンの色評価蛍光灯を当ててます。
それがこれです↓

IMG_00941109111112.jpg


ほぼ完ぺきだと思いません? 



そして今回使った用紙はA4サイズのピクトリコのホワイトフィルムです。
何と10枚で2300円もしますが、さすがにフィルムだけあり、紙とは比べものにならない仕上がりです。
蛍光灯を照らし撮影したのが下の写真ですが、すごい光沢、というより、まるでポジフィルムを見てるようです。
IMG_00951109111112.jpg



スマホをプリントの上に置き反射状態を撮影もしてみました。
ご覧の通り、クッキリと写りこみ、まるで鏡のような感じです。↓
IMG_00961109111112.jpg


写真屋さんのクリスタルプリントと比べても全然見劣りしないというか、同じにしか見えないくらいですよ~
こんな出来栄えなら全紙プリントができる機種が欲しいですね~
もし全紙対応機が出たなら30万円出してもいいかな~ ^^

以上、プリンタについて戯言を・・

おニューのプリンタ

やっぱりズボラな性格は治らないようで、久々の書き込みとなりました~(^^ゞ

今日のお題の通り、プリンタを新しく増設したのでちょこっとコメントをば・・

写真専用機として今まではエプソンのPX5600というA3+までプリントできる顔料機を使ってて、色の再現性も素晴らしく、今でもフルに使ってます。
ここへ来て、あの染料機の光沢感のあるプリンタも欲しいと考えてはみたものの、A3+サイズとなると、エプソンの4004か、CANONのPRO-100の2機種に絞られてきます。

エプソンは手持ちの写真データをメーカーに送るとA4サイズでテストプリントをしてくれるんだけど、CANONは殿様商売なのか、どうしても無理とのこと。
仕方ないので、どうせ最近出たばかりだし問題ないだろうとPRO-100をゲット。

設置場所がないので、2段重ねになるよう棚を作り、重量20キロにもなるPRO-100を下に、PX5600は上です。
IMG_79872.jpg


エプソンの4004も10倍ルーペで観察してみても何ら問題ないのですが、少し色味が派手に出るようにセッティングしてるようで、カラリオシリーズらしいといえばそうなんですが。

で、テストプリントもしないまま買ってしまったPRO-100、早速印刷してみるとモニターの色と違いが・・

IMG_0064.jpg

上の写真がモニターと同じにできたエプソン出力のプリントで、下はPRO-100です。
川の両サイドの岩場の色など全く違います。
どうも茶色かぶりしてるような感じというか、シアン色不足のような・・

CANONもエプソンと同様にプラグインソフトが用意されてるのでダウンロードしてるのに。
ワークフローに間違いがないか色々とテストしてみたけど、どうしてもモニターの色と一致しない。
ちなみに、モニターはこれも最近新調したSpider4エリートでキャリプレーションしてて、エプソン機では完璧にカラーマッチングができてたんです。

これはゲテモノを掴まされたのか・・なんていうイヤな思考が頭をよぎりながらもCANONに電話。
1つ1つ確認してみたけど、ボクのスキルに間違いはなさそう・・
で、何回かの電話のやり取りの挙句に出た対処方法
それはプラグインソフトの中にある微調整を使い、シアン・マゼンタ・イエローの調整をするというもの。
で、10枚ほど試行錯誤のプリントをし、最終的にほぼ完ぺきにカラーマッチングができました。


さきほどのエプソンのプリントと、PRO-100のプリントをカメラ撮影したものがこれです↓
IMG_00621.jpg

若干の違いはあるけど、このあたりはメーカーの味付け具合によるもので、完全一致は無理なようです。

IMG_00712.jpg

ただ、結果としてモニターとプリントとのマッチングについてはPRO-100の方が完成度が高いようです。
下の写真はPRO-100でのプリントをモニターの下に置きカメラ撮影したものです。
透過光によるモニターと反射光で見るプリントという違いがあるため、この写真では若干の違いがあるように見えますが、肉眼で見る限り完璧と言ってもいいような仕上がりです。

参考までに、モニターキャリブレーションの設定値は5000ケルビン、ガンマ2.2に設定してあり、プリントを鑑賞する際の照明(環境照明)も色評価用の5000ケルビンのものにしてます。


ひょっとするとバカな買い物したのかも~・・なんて考えたりもしたけど、結果ナイスでした^^
これで染色機による高光沢プリントがたのしめそうです。
ピクトリコ社のホワイトフィルム紙でのプリントがどうなるか、後日レポしますね~。


ところで、プリンタを買いに行ったついでに、前から考えてたコンデジもゲットしてきました(^^ゞ

IMG_79792.jpg

IMG_79812.jpg


武骨なデザインですが、それが好きです。
レンズにある赤ラインはお遊びです(^^ゞ

コンデシは今まで6台ほど買ってきましたが、あくまでちょこっと用としてでした。
今回買ったやつはというと、CANON G1Xというやつで、コンデジと呼ぶには少々大き目サイズのものなんですが、撮像素子の大きさがAPS-Cサイズの横方向だけ少し切り落としたもの。
RAW撮影時の画角は4:3に限定されるけど、APS-C機と同じ画質が得られます。

つまり高感度に強く、色ノイズにも強いです。
発売されてから2年近くになるため、新機種も考えましたけど、いいものはいいという自己暗示です。

実際使ってみたけど、少し前まで使ってたS90と似た操作性で取説なしでも使えましたね~
それになんと言っても、いつも使ってる5D2一眼と遜色ない画質には驚きました。
G16も考えてたはいたけど、1/1.7素子としては頑張ってるものの、そこはやはり・・

それに初めてとなるバリアングル機ですが、これはこれで使い勝手がありそうですね~
IMG_79832.jpg


自営なので、ボーナスはどこからも出ないけど、まっ、年の瀬にいい買い物ができたと一人ニンマリしてます(^^ゞ







ホースリール

16年前に家を新築したときに購入してたホースリール、さすがにこんな状態に・・
IMG_3796.jpg

樹脂製品は紫外線に弱いのは知ってたので事前に緑色にペイントしてたんだけど、それでも朽ちてきてたんです。
ただ16年もよくもったなぁ~とは思います。


で、今回、オールステンレス製のリールを買いましたよ~
IMG_3795.jpg


もちろん、ホムセで買うより2000円ほど安いネットで(^^ゞ
ついでにホースも新調です。
IMG_3797.jpg


このホース、最近出始めたタイプのもので、ねじれて折れ曲がって水が出なくなるってことがまずないという代物です。
20mサイズのものですが、リール本体よりもちょい高いのでレジに持っていくまで相当悩みましたよ~(^^ゞ

当然ホースの耐用年数が短いだろうけど、洗車時にねじれて水が出なくなってキャンカーの屋根から一々降りることがなくなるので精神衛生上はこれで良かったと思います^^

ところで、今日は隣町の納涼花火大会を見に午後から出かけてましたが、折角一眼と三脚を持って行ったのに、肝心のコンパクトフラッシュをカメラにセットするのを忘れてしまいただ見るだけになってしまいました(T T)
忘れてなけりゃ芸術作品が撮れてたはずなのになぁ~(^^ゞ

 | ホーム |  »

プロフィール

2525

Author:2525
日本スピッツのラブ、コーギーのはなと一緒にキャンピングカー(ADRIA MATRIX)であちこちお出かけしてます。
40年以上続く写真とキャンカー旅だけはやめられないですね~

にほんブログ村

月別アーカイブ

12  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  12  11  10  09  08  07  06 

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。