わんこと一緒にキャンピングカー旅 時々DIY

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走台風10号

japan_near_2016-08-30-17-00-00-large.jpg


今回の台風10号、関東の南で発生したあと、南大東島付近まで南下しUターン。
先ほど18時頃、岩手県大船渡市に上陸したようです。

で、太平洋側の東北地方に台風が上陸したのは、気象観測が始まって以来初めてのことだとか・・
へ~~ そうだったのか・・・ ってみんな思ったと思います。

三陸地方の方は、今回の台風をどう捉えてたのか少し気になりました。
我が高知県の場合、今まで何十回も台風直撃を経験してるので、今年もまた来やがったな~ ってな感覚なんですが、さぞかし不安な思いをもたれたのでではないでしょうか。

ところで、昨日今日と、高知はめちゃめちゃ涼しいんです。
台風の影響で大陸の乾いた空気を西日本に引き寄せたためだと思いますが、昨日の午後からずっとエアコンなしでも快適です。
ま、明後日あたりからはまた残暑がぶり返しそうですが・・

話は変わり、明日、キャンピングカーの2回目の車検に出します。
キャンピングカーの車検を2回受けるのは初めてのことです。
誰かさんは、またすぐに買い替えるやろな~ なんて言ってましたが、今のクルマ、気に入ってるんです^^

あと8年くらいは乗って、その後は少し小さ目のやつにしようかと考えてますが、先のこと、どうなるのか・・
ちなみに、早ければ来年あたり、ハイエースがフルモデルチェンジするようです。
欧州車のようにフロントエンジンになるようです。

これで車幅が2m程度あって、パワフルなディーゼルエンジンが乗っかると魅力的なんですけどね~
スポンサーサイト

老犬用座椅子製作

もうすぐ19歳になるうちの長女のラブさん、寄る年波には勝てず、ご飯を食べる時や水を飲むとき、後ろ足が弱くなり途中でへたり込んでしまいます。
どうしてもお座りの姿勢になってしまい、結果的に頭が高くなり食器に口が届かないという状況です。

で今回の新作!  「犬用座椅子」です。
DSC_0959_R_201608281114584ab.jpg

どの程度の高さがいいかよ~く吟味のうえできたものがこれです↓
DSC_0962_R.jpg


廃材利用なので製作費用0円!!
これで最後まで食事できるようになりました^^

ちなみに、目も見えなくなってしまったので、口が食器から10㎝も離れると中々元に戻れない感じですが、この座椅子使用だと体の位置もある程度固定されるためウロウロご飯を探さなくていいようです。

それと、ラブさんは畳2畳敷き程度の広さのあるお手製ケージの中にいますが、ケージは丸く作ってます。
というのも、四角だと隅っこに行ったとき、そこで固まってしまうんです。
丸型だと、それも回避できます。
老犬ちゃんのいる方の参考になれば幸いです。

キャンピングカー冷蔵庫、載せ替え完了

DSC_0929_R.jpg

昨日のことですが、キャンピングカーの冷蔵庫を家庭用シャープのものに載せ替えしました。
中々にうまくできたと思います。

以前の写真はこちらです↓
_MG_5453.jpg



上段の冷蔵庫内、2Lペットボトルも余裕で3本は立てられるし、その上は350mlのビールもどっさり収納できそうです。
DSC_0937_R.jpg
ちなみに、元々組み込まれてた冷蔵庫より高さが15センチほど低いため、上にあってちょっと使いづらかったレンジも下に下げることができました。



そして元々はというと、レンジを使用する場合は一度木製扉を開けてからという煩わしさがありましが、今回レンジの位置を下げる作業と同時に、木製扉を18センチほどカットし、レンジの上にできた空間用の扉にリフォームしました。
DSC_0931_R.jpg



それと、肝心の冷蔵庫のドアロック機構については、写真のように、すごく原始的かつシンプルなものに。
大した動作ではないのでこれでいいと思います。
DSC_0932_R.jpg

DSC_0933_R.jpg


下段引き出し冷凍庫は100均ドライバーをグラインダーでカットして差し込むだけです(^^ゞ
DSC_0936_R.jpg


DSC_0934_R.jpg

どっちも付け替えドアのヒンジ受けが役に立ちました^^V


で、早速電源投入!
AC電源、発電機、ともに問題なし。 あとは350Wのインバーター駆動。
まったく庫内が冷えてない状態で、起動電力を少し心配してましたが、問題なく作動しました。

そして何より、電源投入後1時間もしないうちに庫内はギンギンに冷えてます。
お出かけの際は、事前にACフックアップし、あらかじめ冷えた状態にしてからの出動になるため、サブバッテリーへの負担も心配しなくていいと思います。

実は、冷蔵庫の載せ替えについては一昨年くらいから検討はしてたのですが、勿体ないが先立ち、今回思い切って載せ替えたのですが、25000円でキンキンに冷えたビールが飲めることを思うと、すぐにでも決行しておけばよかったと思います。

日本製家庭用冷蔵庫、大正解でしたぁ~^^

家庭用冷蔵庫とたわむれ

先日ネット注文してた冷蔵庫が昨日やってきました。
シャープ製の137リッターですが、新品だと36000円くらいします。
で、見つけたのが「訳あり品」  まったくの未使用品なんですが、側面の一部に小さな凹みがあるため、25000円で買えました^^

ご覧の通り、真っ白のボディー、うちのキャンカーにはちょっと似合わないので、ドアの上下の枠をシルバーに塗装しました。
ただ、この樹脂パーツ、材質がどうやらホリプロピレンのようなので、パーツクリーナーで脱脂したあと、プライマー塗装したあとシルバーで吹きつけました。
DSC_0921_R_20160820180359d97.jpg


この冷蔵庫にした最大の理由は、ドアの開き方をどちらにでも付け替えられる点です。
ドア上部にあるピンを左側にするだけで簡単に左開きにできます。
DSC_0922_R.jpg


残った右開き用のドア下部にあるヒンジも、功を奏することに・・・
DSC_0923_R.jpg


下段は引き出し式冷凍庫です。 
冷凍庫はそんなに容量がいらないけど、他に選択肢はありません。
ま、スーパーで買ったビールを急速で冷やしたいときには重宝しそうですが(^^ゞ
DSC_0926_R.jpg


参考までに、機種の詳細です。
DSC_0925_R.jpg


功を奏した上ドア用のヒンジ。  この穴に上からピンを差し込み、下段引き出し式冷凍庫の上面に穴を開け貫通させれば、走行中も引き出しが開くことを防げます。
ブツが来るまでは、どうやって開かないようにしようかと悩んでましたが、一石二鳥でした。
ピンは使わないドライバーをグラインダーでカットして差し込む予定です。
DSC_0924_R.jpg


シルバー塗装した部分以外のフラットな面は、キャンピングカーの家具の色とほぼ同色のフィルムを貼ることに。
このフィルム、以前も使ったことのあるアイカ製のオルティノフィルムで、お店のリフォームなどで職人さんもよく使っているだけあり、品質はピカイチですね~
DSC_0927_R.jpg


で、両段とも貼り終えたんですが、元の真っ白から比べると随分高級感もUPした感じですね~。
DSC_0928_R.jpg


次回は、3WAY冷蔵庫の撤去です。

四国カルスト

ギックリ腰になる前のお盆休み、今年はおとなしく自宅で涼しく過ごそうかな~と考えてましたが、やっぱり無理。
せめて1日くらいは涼しい高原に行こうと毎度の四国カルストへ行ってきました。

真夏の時期、昼間でも涼しいところとなると最低でも標高1200mの所でないと・・
四国なら石鎚山界隈か四国カルスト、中国地方にはありませんね~
大山麓の鏡ヶ成ならそこそこ涼しいんですが、1000m弱なので、昼間は暑いんです。

かと言って、九州の長者原界隈へ行くとなるとフェリー料金がネックです。
というわけで、毎年避暑に訪れる四国カルストへGO!!

ところが・・・
いつもの姫鶴平無料キャンプ場に着いてみると、えらいことになってます。
こんな光景、初めてでした。

いくらお盆休みとはいえ、クルマの数が異常に多いんです。
あとでわかったけど、この日は丁度ペルセウス座流星群のピーク日ということで、所謂流れ星を見に来た人が沢山いたというわけですね~

名称未設定_パノラマ1_R


まあ、それでも折角ここまで来たんだし、食材も調達してるんだし、ということで、空いてるスペースに駐車。
夕方にになるまではボ~~っとして過ごしました。

今年2月に家族に迎えたはなちゃんも、体重13キロと、貫録充分です^^
DSC_0921_R.jpg

ちなみに、写真に写ってるチェアーですが、最近買ってしまったコールマンの新作リクライニングです^^V



19時頃の写真がこれ・・
民家のない高原なのに、ちょっとした街になってますね~
DSC_0930_R.jpg
うちの車の前に留まってるキャブコンさん、横浜ナンバーの方でしたが、挨拶しても特に反応なしでしたよ~(T T)


反対に後ろ側に留まってる香川ナンバーのクラスAのご夫婦はすごくお優しくて楽しいご夫婦でした。
ところで、久しぶりに焼肉でもしようかと食材を買い込みビールもキンキンに冷えてたんですが、いざ肉を焼こうと思ったその時、網がないのに気づき、ガ~~ンッ。

このとき、恥を忍んでフルコンさんちに「すみませ~ん、網があったら貸していただけませんでしょうか~?」と。
幸い、網があったようで、快く貸して(戴きました)いただきました。


ひんなこんなで、翌日も朝からフルコンさんと仲良くなり、知る人ぞ知る美味しいアイスクリーム屋さんへもご一緒することになり、先導して大野ヶ原地区へ。

DSC_0953_R.jpg
「もみの木」というこのお店、自家製牛乳を使ってアイスやチーズケーキなどすんご~く美味しいお店なんですが、この超美人ママさんに会えるのも楽しみの一つです(^^ゞ


そこら辺のお店では味わえない濃厚で優しいアイス、絶対にお勧めです。
DSC_0959_R.jpg


その後、下山することになりましたが、須崎市の鍋焼きラーメンもご一緒することになり、とっても楽しい時間を共有できました。
次回、いつものメンバーが集まるときには誘ってくださいね~ とのお言葉をいただき、また楽しみが増えました^^


最後に駐車場でツーショットを。
このグローブバス、実は私も購入の候補ナンバー1に挙げてたクルマなんですよね~
やっぱりカッコいいです。
DSC_0961_R.jpg

天羽さ~ん、次回、楽しみにしてますよ~^^

高知ペットフォト

久々にギックリ腰をやってしまい、しばらくブログ更新する馬力がありませんでした(T T)

さて、先日のことですが、お客様からの依頼でペットの出張撮影に行ってきました。
このワンちゃん、コーギーの「こと」ちゃん3歳です。

お客様と打ち合わせの結果、芝生広場と川での撮影です。

この飛んでるタイミングの写真、秒間10コマで追わえても中々ヒットしません。
多分このカットをおさえるためだけで100ショットは撮ったと思います。
D63A1842_R.jpg
特に、コーギーは足が短いので打率が低くなりがちですね~

_MG_0827_R.jpg

D63A2324_R.jpg

D63A2546_R.jpg

川での撮影時は我々人間も泳いで、楽しい時間になりました^^

お客様には大変喜んでいただいて、こちらも嬉しい限りです。

「高知ペットフォト」のホームページ、よければご覧くださいませませ(^^ゞ

ダックスレストア その②

今日もクソ暑い高知でした。
というわけで、早起きオジサンは朝夕の涼しい時間帯しか作業ができないのです。

今日はフロント部分をはずし、メインフレームもハーネスを取り外しました。
DSC_0885.jpg

最初期のダックスはくるくるハンドルを回せば簡単にフロント部分が外せますのでとっても楽ちんですね~


エンジンの裏側はこんな感じで、長年こびり付いた泥が・・
ま、こんなのは真鍮のワイヤーブラシで簡単に落とせます。 
落とした後はサンドブラスト後、磨くか耐熱シルバー塗装するかで迷ってます。
DSC_0882.jpg


ハーネスを外し、鉄のフレームだけの状態になった写真です。
こうして見ると何とも情けない姿ですね~
で、フレーム内部、47年間経過したにしては少ない感じのサビですが、ここもサンドブラスターで鉄の地肌がみえるまで塗装ごと除去し、その後はサフ → ペーパー → 上塗りと作業を進める予定です。
DSC_0884.jpg


残すバラしはフロント部分だけですが、これは超簡単にできるはずです。
とにかく、どのパーツを触っても手が汚れないようにこれからの作業が苦痛でもありながら、楽しい部分でもあるんですよね~。

しかしまあ、よくよく考えてみると同じ価格でピンクナンバーの新車スクーターが買えるっつうのに、男はホンマにアホな生き物やと実感中です(^^ゞ

ところで・・・・  明後日からの5連休、さて「どうしたもんじゃろの~~」 ^^

ダックスレストア その①

いや~、それにしても暑かったです。
南国とはいえ、甲府とか前橋に比べると比較的涼しい高知ですが、それでも自宅周辺では37度もありましたね~

さて、先月購入したホワイトダックス君、いよいよ今日からバラしにかかりました。
とにかく暑いので、和室にコンパネを敷き、その上にブルーシートで養生です。
エアコンはガンガンに効かせました。
DSC_0877_R.jpg
シート、スイングアーム、リアショック、リアブレーキ廻り、それにリアの補器類を外しました。

ただ、バラバラにするのはいいけど、元通りに組み直せない恐怖のため、バラす前の写真を撮っておきます。
DSC_0879_R.jpg


特に、配線関係は大事なところ。
それと、ボルト・ナットの類はすべてステンレス製のものに交換するため、サイズも書き込んでおきます。
DSC_0880_R.jpg


取りあえず、今日はこの程度です。
リアドラムブレーキカバーなどをアルミクリーナーでしこしこと磨いてやりました。
DSC_0876_R.jpg


明日からもちょこちょこと気が向いたらバラしと磨きの連続になりそうです。

キャンピングカーの冷蔵庫調教

先月の信州旅の時、イマイチ冷蔵庫の冷えが悪いな~と思ってました。
で、購入後4年近くになるので、冷蔵庫背面にあるオリヒィスというLPガスの噴出量を適正に保つための小さなパーツを掃除してみることにしました。
DSC_0851.jpg


写真右上の四角の箱のカバーを開けると、矢印のところにある細長い四角のパーツが見えてきます。
DSC_0852.jpg


その四角パーツとガスの配管の境目にあるナットを緩めます。
DSC_0849.jpg


するとその四角のパーツの中に、オリヒィスというちっこいパーツが。
オリヒィスには異常はないようでしたが、熱を持つ部分なので、四角のパーツの中にサビがあったようで、それがパラパラと出てきました。

で、元通りに戻し、ガス点火。 3時間ほどたってから冷蔵庫の冷え具合を確認してみましたが、冷凍庫はそこそこ冷えてますが冷蔵庫の方は外気温よりは冷えてる程度です。
今の猛暑の中ですから、もう少し長めに運転させてから再確認しようと思いますが、190Lもの容量のある冷蔵庫、多分キンキンに冷えたビールとまではいかないような気がします。

よく考えてみれば、毎年夏場は冷えがイマイチだったような・・

で、気分はもう新しい冷蔵庫に交換で固まりつつあったりします(^^ゞ
考えてるのは、家庭用の冷蔵庫です。

                   それがこれ↓
K0000653615_0002.jpg

シャープのもので、130Lくらいの容量、サイズも今の冷蔵庫を取り外したところに丁度設置できそうです。
で、これをインバーターで駆動させようと考えてます。
消費電力も45W程度なので、特に問題はないと思うのですが・・

もし積み替えとなった暁にはまたレポートします。

ホイール塗装

DSC_0848.jpg

いきなり、塗装後のホイール写真です。

純正のアルミホイールではあるのですが、やはりイタリア製品だからなのか、クリアー塗装部の塗膜が柔らかかったようで、納車後4年近く小まめに洗ってたのですが、ブレーキダスト等の汚れが染み込んでしまいどうしても許せなく。。

そんな訳で近所の板金塗装屋さんに依頼。(以前自作リエッセのバスコンを全塗装してもらったとこです)
元々の塗装は薬品を使って完全に除去、アルミそのものの素の状態にし、再度シルバー塗装後、ウレタンクリアーで仕上げです。

DSC_0847.jpg

以前なら塗装面を爪で触ると塗膜が柔らかいな~って感覚がありましたけど、塗装後は固い感覚が。
これで洗車も楽しくなれます。
参考までに、車両からの脱着とタイヤの脱着、ホイールバランスどり、塗装剥離、塗装すべてで5人の諭吉さんが旅立っていきました~(T T)

それにしても、やはり純国産の工業製品の品質は世界一だと思いますね~

 | ホーム |  »

プロフィール

2525

Author:2525
日本スピッツのラブ、コーギーのはなと一緒にキャンピングカー(ADRIA MATRIX)であちこちお出かけしてます。
40年以上続く写真とキャンカー旅だけはやめられないですね~

にほんブログ村

月別アーカイブ

12  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  12  11  10  09  08  07  06 

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。