わんこと一緒にキャンピングカー旅 時々DIY

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

またまたスピーカー交換

どうもコアキシャル2wayスピーカーの鳴りがイマイチだったので、交換しました~

折角ヘッドユニットをダイヤトーンに変えたので、スピーカーも相性がいいとされるダイヤトーンの
DS-G20交換。

作業はいつものお店MITガレージです

朝9時から開始、インナーバッフルの一品もの制作から始まり、配線の取り回し、音のセッティングと夕方近くまでかかりました。


箱を開けたらこんな感じに鎮座してますね~
IMG_0697.jpg


マグネットがデカイ!
IMG_0710.jpg


コーンはナノ・カーボナイズド・ハイベロシティとかいうヤツですが果たして音は・・
IMG_0711.jpg


ツィーターはダッシュの上に両面貼り固定、ホンマはピラー埋め込みにしたいのですが・・
IMG_0714.jpg


で、メインスピーカーの取り付け、まずはスピーカー部分のパネルと元のスピーカーをはずしたあと、マスキング。
何のためかというと、ドアの形状に合わせたバッフルをロシア産白樺集成材とパテの合わせ技で作るためです。
IMG_0705.jpg


次はスピーカーの形状ピッタリサイズで集成材を切り出し、樹脂でコーティング、乾燥です。
IMG_0716.jpg


次は乾燥の終わったバッフルをマスキングの上に当てがい、ビスで仮止めしたら、鉄板とバッフルの隙間はパテで埋めます。
このとき、パテがドア内部に入らないようにマスキングするわけですね~
IMG_0707.jpg


待つこと20分程度でカチカチに固まります。
IMG_0708.jpg



で、次がオモロイところで、パテが固まったら一旦すべてをはずします。
はずした状態はというと、当然ながらドアの鉄板の形状通りのバッフルができてるというわけですね~
そのバッフル、多少余分なパテバリがあるのでサンディングし再度樹脂コーティングし、本番固定です。
IMG_0717.jpg



でそのバッフルにスピーカーをビス留めし完成!!
IMG_0718.jpg


その後は再度音のセッティングをやり直しましたが、さすがにいい音出してます。
サブウーファーもいらないかも・・という感じ、それとダッシュボードの上で演奏しているかのような臨場感と音場です。

特にツィーターは少しミッドにも強いというタイプなので、女性ボーカルもクリアーに聞き取れます。

というわけで、音という面では今回大正解のスピーカーでしたが、やっぱりピラー埋め込みにしたいです(^^ゞ

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

2525

Author:2525
日本スピッツのラブ、コーギーのはなと一緒にキャンピングカー(ADRIA MATRIX)であちこちお出かけしてます。
40年以上続く写真とキャンカー旅だけはやめられないですね~

にほんブログ村

月別アーカイブ

02  12  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  12  11  10  09  08  07  06 

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

全記事表示リンク