わんこと一緒にキャンピングカー旅 時々DIY

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

すごいぞデミオディーゼル!

index_section2_img.jpg

いきなりだけど、オラが今一番興味のあるエンジンがこれ↑

マツダのディーゼルエンジンだ。
12月から販売開始予定の新型デミオに搭載されるものだが、これはいい。


ところで・・ 世間ではエコカーと言えばすぐにハイブリッドエンジンを想像するんだろうけど、エコカーと言っても色々な構造のものがある。

一番身近なものとしてはプリウスに代表されるハイブリッドエンジン。
このタイプはエンジンとは別に電池とモーターとの抱き合わせで、簡単に言えば電動自転車のようなもの。
クルマの動きだし時はエネルギー消費効率が悪いため、その部分についてモーターでアシスト。
ただし、電池は耐用年数があるし、安くなってきたとはいえ価格もそれなりに高い。

次はプラグインハイブリッドと呼ばれるもの。
こいつは従来のハイブリッドの電池容量を大きなものにしたと考えればいいが、価格はさらに高くなる傾向。
現在のところ、プリウス、と三菱のアウトランダーが有名。

そしてさらにさらにお高いが、エンジンを搭載せず、完全に電池で動く電気自動車。
こいつはさらに大きな電池を積む必要があるため、価格は高いし、航続距離についてもせいぜい200キロ台である。
日産のリーフが先陣を切って出したものの400万以上もする。
ただし、燃料の代わりにすべて電気なので、燃費だけ考えるとすこぶる優等生ではある。

最後に燃料電池車。
ホンダが世界で初めて実現したものだが、こいつは水素と酸素(大気)との化学反応により自身で電気を作りながら走るというタイプだが、超お高いのだ。
ただし、航続距離も充分だし、排出ガスは「0」、でるのは水だけ。
アメリカのステラが有名ですね~。

現在考えられる究極のエコカーとしてはこの燃料電池車がベストだろうけど、兎にも角にも価格が高くまだ庶民が手を出せるものではない。

で、昔からあったディーゼルエンジンの出番。
軽油を燃料に使い、真っ黒な排気ガスを出し、カラカラとやかましいヤツというイメージがありましたが、現在欧州では新時代のディーゼルエンジンがガソリン車と半々程度の割合で販売されてます。

特にマツダが開発したディーゼルエンジンは拍手喝采ものです。
ちなみに、今年のカーオブザイヤーにはマツダのデミオが選ばれましたよ~

ディーゼルエンジンについてちょいと解説すると・・・
ガソリンより燃えやすい軽油を燃料とし、圧縮比をガソリン車の1.5倍ほどまで高めてます。
で、ピストンが上死点に向かうとシリンダー内は圧縮されすごく高温になり、その高温になったシリンダー内に燃料を噴射することで火を付けるといためのプラグなくして爆発行程に入るというもの。
で、圧縮比が高い分だけ、大きなトルクが発生する代わりに、震動や騒音が付いて回り、または排気ガスについても黒いススを出すというものでした。


そこでマツダが考えた解決策は、従来のものより圧縮比を下げ、震動と騒音を下げつつも、着火しづらくなる部分については着火しやすいようよりきめ細かな霧状の燃料噴射をする点にあります。
他にも細かく言えば色々と革新的技術がありますが、割愛。

そして今回のデミオ、1.5Lのディーゼルにも関わらず105馬力と26.4キロという2.5Lのガソリン車並みのトルクを得ました。
燃費についてもATでL/26.4キロ、MTであれば30キロという素晴らしい数値です。
そしてここからがポイントで、電池やモーターは載せていないため、耐久性能についても◎。
価格も178万から買えます。

電気モーターによるエコカーは電池容量とか、コスト面など、まだまだ発展の余地があるので、手が届きやすくなるまでは新世代のディーゼルを選ぶというのも充分ありだと思いますね~
それから、ガソリンを生成する際に自然的にできた軽油については、従来外国に輸出するという変なカラクリになってたようですが、ディーゼルエンジンが増えれば、軽油価格ももっと安くなるかもしれません。

今オラが仕事用に使ってるスズキのSX4という聞きなれない1.5Lのガソリン車に乗ってますが、こいつの平均燃費は大体L/13キロ程度。 
そしてレギュラーガソリンの価格はL/170円程度。 年間走行距離は12000キロくらいです。
で、軽油価格はレギュラーガソリンに比較して大体25円安です。

それを元にシミュレーションしたところ、燃料代としては年間10万円近く安くなります。
5年で50万円、10年も乗れば100万円、これは大きい。
178万円のデミオディーゼルが10年乗るということを考えれば78万円ということになりますね~
買い替えようかな~ (^^ゞ

ちなみに、自動車雑誌の記事によれば、このデミオディーゼル、素晴らしく静粛性が高く、室内の雰囲気も今までのものよりはるかに高級感があり、2クラスくらい上のクルマに乗ってるような雰囲気らしいです。

みなさんはエコカーってどうお考えになりますか?

COMMENT▼

No title

10年も乗るとは誰も思わんのでは・・・。けど買ったら乗せて下さい^^。

ところで、あのダッシュボードに飛び出たディスプレイが強制らしいけどいいんですか?

No title

10年も乗る・・とは誰も言うてないですよ~ん^^

あのディスプレイ、レス仕様も選べるようです。

あんなもん、要らないですね~

No title

マツダの新型2200ccディーゼルのエンジンを起動
してみましたが、振動騒音はガソリンエンジンと同じく
らいですよ!室内はディーゼルエンジンだと感じません
でした。トヨタ、日産は高価な触媒を付けて公害対策を
していますが、パワーも2200ccで3000cc以
上ですから、日本のトヨタ、世界の日産と言うのが笑わ
せるよね~ 真似も出来ずに指をくわえて見てるトヨタ
と日産は哀れだね~

試乗してみました

先日、知り合い営業マンのいるお店で30分ほど試乗させてもらいました。

結論・・  「すごい!」でした。
とにかくすごいトルクに圧倒されました。
感覚としてはV8エンジンのような感覚、にもかかわらず静かで震動もないし、それと予想外だったのがメチャメチャ直進性がいいのにも驚かされましたね~

ただ、いくつか問題もあって、後席が狭いとか、後付オーディオを付けるために一工夫いるとかあります。

それを差し引いてもよくできたクルマですね。

来年にはデミオベースのコンパクトSUVも出るようですが、値段は高くなりそうだと言ってました。

こんなエンジン乗せたキャンカーベース車が欲しいもんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

2525

Author:2525
日本スピッツのラブ、コーギーのはなと一緒にキャンピングカー(ADRIA MATRIX)であちこちお出かけしてます。
40年以上続く写真とキャンカー旅だけはやめられないですね~

にほんブログ村

月別アーカイブ

02  12  09  08  07  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  04  12  11  10  09  08  07  06 

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

全記事表示リンク